飲む日焼け止め 効果 口コミ

そもそも「飲む日焼け止め」ってどんなもの?

 

 

近年、新しい紫外線対策として「飲む日焼け止め」が注目されつつあります。

 

通常、紫外線対策といえば大きなツバの帽子をかぶり、サングラスを着用し、日傘をさし、肌が露出しない服を着て、それでも露出してしまう部分には日焼け止めを数時間に1度塗り直す…と想像するだけでも面倒で、とくに真夏のような強烈な紫外線が降り注ぐシーズンは外出する気も失せてしまうものでした。

 

 

しかし、飲む日焼け止めとは、文字通り服用することによって日焼けによる紫外線ダメージを軽減してくれるもので、飲むだけなので非常にお手軽なのが特長です。

 

また、塗るタイプの日焼け止めと大きく異なるポイントは、紫外線ダメージの防御の仕方です。

 

というのは、塗る日焼け止めは肌表面に直接薬剤を塗ることで紫外線の照射そのものを防ぐものです。

 

 

一方で、飲む日焼け止めは、紫外線を浴びたことによるダメージを防ぐものなのです。

 

要するに「日焼けをしない」という訳ではなくて、日焼けによって細胞が受けた「メラニン色素の増加・沈着」「しわ」「皮膚がん」などの紫外線ダメージによる肌の劣化を抑制してくれるということです。

 

紫外線より肌を守るサポートを体の内側からすることが、飲む日焼け止めの役割ということですね。

 

 

こちらのページでは、その「飲む日焼け止め」で期待できる効果や実際に利用されてる方の口コミ、そして今やいろんなメーカーから数多く出てる「飲む日焼け止めサプリ」を厳選しておすすめの商品だけをご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

「飲む日焼け止め」による期待できる効果とは?

 

 

 

前述の通り、飲む日焼け止めは紫外線を受けたあとの肌のダメージを抑えることが主な効果です。

 

それでは、その効果を具体的に挙げてみます。

 

 

まずはシミ予防効果ですね。

 

皮膚に紫外線があたると活性酸素が発生しますが、この活性酸素はメラニンという物質を生成します。メラニンは皮膚を黒くしますが、シミのもとにもなります。

 

飲む日焼け止めには活性酸素を抑制する効果があるとされており、つまりシミ予防を期待できるということです。

 

 

続いて、日焼けによる免疫力低下予防効果です。

 

皮膚の免疫機能維持のために、ランゲルハンス細胞というものがありますが、実はこの細胞は紫外線によりダメージを受けてしまうのです。

 

細胞の数も減り動きも悪くなるため、細菌やウイルスの侵入を防げなくなり、さらには皮膚中のがん細胞を取り除く免疫反応すら起こらなくなってしまいます。

 

すると当然、体は感染症に対する抵抗力が弱くなり病気をしやすくなったり、疲れやすくなったりする訳です。

 

飲む日焼け止めには、ランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果があり、免疫力低下を防いでくれるということです。

 

 

また、皮膚のDNA保護効果も期待できます。

 

紫外線は皮膚のDNAにダメージを与えますが、蓄積すると皮膚がんの発生につながります。

 

飲む日焼け止めは、皮膚のDNAへのダメージを軽減させるとされており、皮膚がんの予防も期待できるということです。

 

以上が代表的な効果ですが、肝心なところでは、飲む日焼け止めは飲んですぐ効果が得られるものではないということです。

 

含まれる成分の性質上、継続して飲み続けることで紫外線ダメージからの保護力アップ効果を得られるのが正解といえます。

 

1日に1〜2回飲めば効果は持続しますが、ある程度長い期間飲み続けてこそ本来の効果を発揮するものなので、夏がくる3ヶ月くらい前から飲み続けて、紫外線ダメージに強い体を作っていきましょう。

 

 

 

失敗しない「飲む日焼け止め」の選び方

 

 

 

価格や飲みやすさなどは考えない前提で、飲む日焼け止めを選ぶ際のポイントとなるのはやはり配合成分と安全性かと思います。

 

まず、副作用について考えてみたいと思いますが、飲む日焼け止めは医薬品でなくサプリメントです。

 

医薬品と比較すると副作用のリスクは少なく、国産の飲む日焼け止めは植物由来の成分がメインのため、安全性は高いといってもいいでしょう。

 

とはいえサプリメントには色々な成分が配合されており、何かの成分がその人の体質に合わず何らかの副作用が出るというのは有りうることです。

 

心配であれば医師と相談の上服用してみることをおすすめします。

 

 

さて、配合成分について見てみると「紫外線から肌を守る成分」と「発生した活性酸素を抑制する成分」が最低限含まれているものを選べば間違いないと思います。

 

前者は「ニュートロックスサン」や「リコピン」、後者は「ハイチオンエキス」や「システイン」などでしょうか。

 

これらに加えて、余計な添加物などが配合されていないかどうかや、国内の厳しい品質管理基準のある工場で製造されたかどうかなどを含めて選んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

・・・とはいっても、今やいろんなメーカーから「飲む日焼けサプリ」が発売されてますので、その中から選ぶのは大変かと思います。

 

なので、これらの視点と合わせて実際に利用されてる口コミ評価も高くおすすめできるものだけを厳選してランキング形式でご紹介しますのでご参考にして頂ければ幸いです^^

 

 

 

口コミで評判のおすすめの「飲む日焼け止め」TOP3!

 

インナーパラソル16200

 

 

 

価格 7,000円(税別)
評価 ★★★★★
備考 定期コースだと初回は980円。送料無料。

 

 

紫外線から肌を守る成分であるニュートロックスサンを多量に配合していることが最大のポイントです。

 

他の飲む日焼け止めと比較しても圧倒的な配合率で、1粒あたり125mgのニュートロックスサンが配合されており、2粒飲めば「日傘サプリ」として認められる基準値の250mgを摂取できます。

 

その他の成分ではビタミンC・ビタミンP・コプリーノ・パインセラなどの美容成分も豊富に配合。

 

さらには厚生労働省のGMP基準認定・農林水産省の有機JAS認定・衛生管理のHACCP認証を取得し、放射能検査もクリアという安全性と品質には定評のあるサプリメントです。

 

飲み続けることで効果を実感できたという口コミも多く、小さくて飲みやすいという評価ポイントも見つかりました。

 

 

 

 

ホワイトーン

 

 

 

価格 6,480円(税込)
評価 ★★★★☆
備考 定期コースだと初回は980円。送料無料。

 

 

2017年に発売された、比較的新しい飲む日焼け止めです。

 

最大の特徴は、主成分としてブライトニングパインというパイナップル由来の成分を利用している点です。

 

ブライトニングパインには「セラミド」が含有されていて、メラニンの生成を抑えたり、肌を明るくしたり、たるみやしわを防ぐ効果があります。

 

その他には、やはりメラミンのもととなる酵素の働きを抑える「L-シスチン」、主成分ではないですがニュートロックスサン、「ルテイン」「ザクロエキス」「トマトエキス」なども配合されています。

 

口コミでは、日焼け止めとしての効果があったというほか、ニキビや肌荒れが改善し美肌になったという声が多数みられます。

 

しかし定期コースを途中で解約できなかったり、返品保証がないなどサービス面での充実を望む口コミも見つかりました。

 

 

noUV(ノーブ)

 

 

 

価格 10,584円(税込)
評価 ★★★☆☆
備考 定期コースだと30%オフの7,344円。送料無料。

 

 

noUVの主成分もニュートロックスサンでなく、シダ植物からとれるPLエキスを使用しているのが特徴です。

 

これは、国外産で一番人気かつ有名な飲む日焼け止め「ヘリオケア」にも含まれる主成分「フェーンブロック」と同成分で、きちんと肌の紫外線ダメージを軽減する効果のあるものです。

 

その他にも、目に入ってくる紫外線対策に有効な「ルテイン」、活性酸素に抵抗する「ビタミンC」「ビタミンE」「クロセチン」など紫外線ダメージ抑制のための成分がしっかり配合されています。

 

価格が高いという口コミが散見されますが、ドラッグストア等でも購入できる手軽さは高評価。

 

ただ、やはりニュートロックスサンが含まれない点ゆえか、人気が今一歩突き抜けない感があるのも事実です。

 

 

 

 

 

飲む日焼け止めの効果の口コミですが、いずれの製品も使用した方の個人差が大きく、万人にあてはまるという訳ではありません。

 

あくまでも参考程度にとどめるのがよいのではないかと思います。

 

以上、飲む日焼け止めについてまとめてみました。

 

これまでになかった革新的な紫外線対策を実感したい方は、製品をよく比較検討の上、試してみてはいかがでしょうか?